小学生の頃に知った本から学んだ大事なこと

小学生の頃に知り、今でも年に何回か読む本があります。「ハッピーバースデー」というタイトルの本で、私はこの本からとてもたくさんのことを教えてもらいました。親から大事にされていない、と感じてしまった主人公がストレスから声が出なくなり、おじいちゃんの家で自然の中で植物や虫と暮らしながら声を取り戻し、自分の意思を伝えることができるようになるまでの話です。小学生の女の子が精神的にどんどん強くなっていく姿にとても心を打たれ、同時にとても見習おうと思いました。私も自分の中にため込み上手く解消することができず、自分を傷つけてしまうことがありました。どん底から這い上がった女の子のことをすごいと思います。今でも自分の意思を伝えられずため込んでしまう時などにこの本を読むと前向きに頑張ろうと思うことができます。私の人生の中で1番大事な本と言ってもいいくらいの本です。小学生の頃、この本に出会えて本当によかったです。ミュゼ うなじ脱毛